ホルモン治療をお考えの方へ


院長の経験症例数は1,000を超えておりますので、安心安全な治療を提供いたします。

定期的な血液検査を保険診療で行い、患者様一人一人に合った適正なホルモン値を維持することで、本来の自分らしい男性らしさ、女性らしさを出すことが可能になります。

GIDのホルモン療法は定期的な通院が必要ですが、当院はアクセス良好な銀座で完全予約制の形をとり、他の方と顔を合わせる機会はありません。看板も出していません。

皮膚科医としての経験を生かし、FtMのホルモン療法中に起こるニキビや脱毛には最適な治療を提供します。
MtFの方には、ホルモン療法に加え、美容皮膚科領域の治療を行うことで、より一層美しく輝いていただけると考えております。

タナカ小児科内科銀座診療所 院長 田中思帆

性同一性障害(GID: Gender Identity Disorder) かも

自分の身体的な性別(女性であること、男性であること)への継続した違和感がある。治療への相談にもお越しください。

初診

<診察>院長が診察をいたします。性同一性障害の治療歴や診断書がある場合は、ご持参ください。性同一性障害の診断するためには、継続したカウンセリングが必要な場合があります。

<血液検査>男性ホルモン値、女性ホルモン値をはじめ、治療に関わる項目で血液検査をさせていただきます。

ホルモン療法

・筋肉注射による治療
<FTM>男性ホルモン材(エナルモン 1A 800円)
<MTF>女性ホルモン剤(ペラニン1A 800円、プロギノン1A 800円)、女性ホルモン剤の経口摂取薬
通常、筋肉注射で1〜2アンプルを2〜3週ごとに行います。患者様の通院できるペースやホルモン値から、院長が薬剤の量とペースを決定いたします。定期的に血液検査をしながら、ホルモン値をコントロールしていきます。

・男性ホルモンクリーム剤 グローミン3,780円(税別)
・女性ホルモンクリーム剤 バストミン3,600円(税別)

診断書、紹介状

当クリニックでは、手術は行なっておりません。希望される患者様へは、紹介状をお書きします。

通院(ホルモン治療と美容皮膚科診察)

当院では、性ホルモン投与による副作用として出やすいニキビや脱毛の治療や、プラセンタ投与など、美容皮膚科領域の専門的な診察を併せて行っていただけます。

プライバシーの配慮


当院は、完全予約制の個室です。他のお客様と一緒に待合することがないよう、配慮させていただいております。また、看板を出しておりませんので、通院の目を気にされるようなことなく、お越しいただけると存じます。